便秘と冷え症

便秘の原因の一つに冷え症があります。
もちろんその他にもたくさんの理由が重なることで、便秘になりやすくなります。
その中において、冷え症であることが、直接便秘と深く関係してしまいます。

冷え症は、単に手足が冷たいだけではなく、内臓も冷やします。
その時に内臓の働きが悪くなり、体調不良になることが多いですが、便秘もそれらの悪い症状です。
その理由として、血流が悪くなってしまい、胃腸の働きを鈍くさせてしまいます。

胃腸の働きが悪くなるということは、食べたものをきちんと吸収できないことを意味します。
人間は生きるための食べ物を食べるのですが、それがきちんと消化され、吸収されることで、その行為が本物になります。

ところが冷え症の方は、食べ物を理想的な形にできないだけではなく、本来体内に取り込まければならないものをそのまま排出させてしまうという最悪のパターンになります。
それも、排出できる形にならず、直腸まで運ばれていきます。
ということは、当然便は体内に居残りになり、長い間直腸でとどまります。

冷え症は改善しなくては、この悪循環は続いてしまいます。
便秘に効くとされる方法の中で、冷え症の方はやってはならないとされるものもたくさんあります。
それを知らずに、ずっと自己流の便秘解消法を繰り返してなかなか症状が良くならない方も見受けられます。
冷え症の便秘は、まずその冷えとりをすることがポイントになります。
その上で、便秘解消法を見つけていきましょう。

Copyright © 2014 便秘と冷え症の関係性 All Rights Reserved.